総合資格や日建学院など建築士定期講習の開催団体の料金や違いを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士の定期講習を便利に受けられる開催団体は、建築業界の資格学校である総合資格学院日建学院、そして、民間確認検査機関であるERIアカデミービューローベリタスジャパンの4つです。

この記事では、建築士定期講習を開催する主要団体の違いを比較しながら各団体の特徴やメリットをご紹介します。

一級建築士定期講習の制度の特徴や受講方法全般については「一級建築士定期講習を受けるタイミングの解説と受講方法をまとめました」をご覧ください。

なお、掲載情報は公開時の各団体公式サイトを参考にしています。
※2017年7月27日追記(2017年5月8日公開)

建築の働き方の悩み、プロに相談しませんか?

建築士定期講習を受講できる主要4団体を比較

総合資格学院・日建学院・ERIアカデミー・ビューローベリタスジャパンの4つが建築士定期講習を受講できる主要な窓口です。
各団体の受講料金や決済方法、会場数についてご紹介します。

総合資格学院 日建学院 ERIアカデミー ビューローベリタスジャパン
受講料(税込) 12000円(1級)
10000円(2級)
12000円(1級)
10000円(2級)
12000円(1級・2級・木造とも) 12400円(1級・2級とも)
インターネット申込み 〇(Eメール) 〇(Eメール)
クレジットカード決済
コンビニ決済
東京周辺の会場数 東京:10
神奈川:4
千葉:4
埼玉:6
東京:7
神奈川:4
千葉:5
埼玉:4
東京:3
神奈川:2
千葉:1
埼玉:1
東京:2
神奈川:2

総合資格学院は一級建築士講習を週末にも開催している

総合資格学院は建築士定期講習を受講できる窓口の中でも特に多くの受講会場を用意しており、利便性が高いといえます。
東京周辺の会場数は、東京10か所、神奈川4か所、千葉4か所、埼玉6か所となっています。その他、全国各地に受講可能な会場を用意しています。

受講料は税込で一級建築士が12,000円、二級建築士が10,000円です。
定期講習受講料の決済方法については、銀行振り込みだけでなく、クレジットカードやコンビニ決済も可能です。

申込みはインターネット経由で可能です。建築士定期講習用のウェブサイトを持っているので、そちらから申込むのがスムーズでしょう。

建築士定期講習の開催日は平日が中心ですが、週末に行っている場合もあります。

日建学院も全国展開しており有力な選択肢に

日建学院も総合資格学院と同様に、一級建築士定期講習の受講会場が多いのが特徴です。

東京周辺の会場数は、東京7か所、神奈川4か所、千葉5か所、埼玉4か所となっています。総合資格学院と同様に、日建学院も全国に建築士定期講習の受講会場を用意しています。

受講料は税込で一級建築士が12,000円、二級建築士が10,000円です。
定期講習受講料の決済方法については、インターネット経由での申込みの場合、クレジットカードやコンビニ決済が選択可能です。

申込みはインターネット上の一級建築士定期講習用サイトから可能です。

一級建築士定期講習を受講できる曜日は木曜日にまとまっています。

ERIアカデミー

ERIアカデミーは建築確認検査機関で有名な日本ERIのグループ会社です。

建築士定期講習を行っている東京周辺の会場数は、東京3か所、神奈川2か所、千葉1か所、埼玉1か所となっています。その他、全国に定期講習の会場を用意しています。

受講料は一級建築士、二級建築士ともに税込12,000円で、木造建築士の定期講習も12,000円で行っています。
申込みは、Eメールによって行うことができます。ただし、クレジットカードやコンビニ決済には対応していません。

建築士定期講習のは平日に開催しています。

主要都市ならビューローベリタスジャパンも選択肢に

ビューローベリタスジャパンは建築確認審査機関ですが、一級建築士定期講習を受講することもできます。

全国主要都市を中心に建築士定期講習を受講することができます。東京周辺の会場数は、東京2か所、神奈川2か所です。

定期講習の受講料は、一級建築士、二級建築士ともに税込12,400円です。特に、二級建築士についてはやや割高な印象です。
建築士定期講習の申込みは、Eメールによって行うことができますが、クレジットカードやコンビニ決済には対応していません。

ビューローベリタスジャパンの建築士定期講習の開催曜日は平日です。
一級建築士定期講習のイメージ

建築士定期講習を受講できるその他の窓口

建築士定期講習を受講できるその他の窓口についてご紹介します。

東京土建と埼玉土建は受講料が安い

東京土建ATECと埼玉土建建築支援センターは共にNPO法人です。どちらも一級建築士定期講習の受講料が10,000円と安価です。
また、埼玉土建では土曜日に一級建築士定期講習を開催しています。

安く一級建築士定期講習を受けるなら東京土建と埼玉土建がおすすめ」
一級建築士定期講習が他と比べて安い埼玉土建と東京土建の紹介記事です。定期講習の日程や会場についてもまとめています。

建築技術教育普及センターは建築士会などが実施する建築士定期講習を主催している

建築技術教育普及センターは、建築士会や建築士事務所協会が担当する一級建築士定期講習を主催しています。

そのため、建築士会や建築士事務所協会で調べられる受講日のスケジュールは建築技術普及センターのホームページでまとめて確認できるので、個別に調べるより便利です。申込みについては郵送か窓口への持ち込みのみになります。

東京・神奈川・千葉・埼玉の一級建築士定期講習の開催日程まとめ

東京・神奈川・千葉・埼玉など、東京近郊の建築士定期講習の開催日程を下記リンク先にまとめています。

各団体の定期講習の日程をまとめて確認できる日程表をPDF形式でダウンロードしていただけます。内容については定期的に更新していますので、お気に入り登録して頂くと便利です。

「2017年東京開催の建築士定期講習の最新日程と会場アクセスまとめ」
「横浜や川崎など神奈川の建築士定期講習の最新日程と会場情報まとめ」
「埼玉開催の一級建築士定期講習の日程表とアクセスまとめ」
「千葉の一級建築士定期講習の開催日と会場アクセス定期更新」

一級建築士定期講習を受講するなら総合資格か日建学院が便利

一級建築士の定期講習を受講できる主要な開催団体についてご紹介しましたが、メリットについてまとめると下記のようになります。

・総合資格学院と日建学院では、クレジットカード決済を含めてインターネット上で申込みが完結
・総合資格学校では週末にも定期講習を行っている
・東京土建と埼玉土建は受講料が安い
・埼玉土建では土曜日に一級建築士定期講習を開催している

上記のメリットを考慮しつつ、実際に受講可能なスケジュールに合わせて各々の窓口にお問い合わせの上、建築士定期講習を受講するようにしましょう。

私たちフリーランチでは一級建築士の方の働き方や転職に関する相談サービスを行っています。是非ご活用ください。
仕事の悩みを働き方のプロに相談しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。