【松田平田】中堅組織設計事務所ってどうなの?特徴や違いを教えます!その1【RIA】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本国内にはいわゆる組織設計事務所と呼ばれる建築設計事務所が数多くあります。組織設計事務所ってみんな同じ?業界大手10社の概要大公開!では大手組織設計事務所を取り上げましたが、今回からは中堅と言われる組織設計事務所を取り上げます。

中堅どころの組織設計事務所は、大手と比較した際に規模の点で次のような違いが見られます。

売上規模から行くと大手はおおよそ60億以上ですが、中堅組織設計事務所は30億~50億円程度。社員数では、大手がおおよそ400人以上ですが、中堅組織設計事務所は、200〜300人程度だとイメージしてください。

大手組織設計事務所は幅広い用途・ジャンルを手がけていたのに対し、中堅組織設計事務所では特徴を明確に打ち出している、という傾向があります。そして、その特徴の違いが、中堅組織設計事務所同士の違いになっていると言えます。

本記事では中堅組織事務所特集その1として、松田平田設計・RIA(アール・アイ・エー)・大建設計の特徴を解説します。

建築の働き方の悩み、プロに相談しませんか?

本社ビルのリノベーションが有名な松田平田設計

松田平田設計国内でも歴史ある名門組織設計事務所の一つです。松田軍平の個人事務所からスタートし、執筆時の社員数は 347 名、一級建築士は 176 名在籍しています。本社は東京で、その他に横浜・大阪・九州・沖縄に事務所を持っています。海外拠点は無いようです。

ホームページでは画面いっぱいに建築写真を使って入る点が特徴的で、設計した建築自体を自社の特徴としていることがわかります。「業務内容」では建築設計や構造設計等、各セクションの代表的な 実績がテーマごとに 3 件ずつ紹介されており、松田平田設計各部門の取組みを知るには良い資料になります。

オフィスが得意な組織設計事務所ではありますが、新築だけでなく、旧松田平田設計本社ビルを自身でリノベーションした現在の本社も有名です。また、東京理科大学九段校舎のコンバージョンや郵船ビルのリニューアル計画も手がけており、リノベーションやコンバージョンには力を入れています。

また、スポーツ施設や観覧施設にも実績があり、横浜国際競技場・埼玉県立武道館をはじめ、東京競馬場のフジビュースタンドといった競馬場のスタンドを複数設計しています。その他、ランドスケープと一体となった設計の神田外語大学7号館や明治大学和泉新図書館などが近年の代表作と言えるでしょう。

また、新橋駅前の白い格子状の外観が印象的なニュー新橋ビルも松田平田設計の作品です。
大手に比べたら小規模な事務所ですが、筆者としては印象的な作品が多い中堅組織設計事務所です。

地方でのまちづくりの実績多数、RIA(アール・アイ・エー)

RIA(アール・アイ・エー)は東京に本社を置く中堅組織設計事務所で、その他に北は東北、南は沖縄まで全国に9つの支社を持つ組織設計事務所です。また、中国にも拠点を持っています。中堅組織設計事務所の中では広範囲で活動している設計事務所と言えます。

また、RIAは開発企画部門・計画部門・設計部門の3つを主軸にしており、「計画と設計を両輪に」プロジェクトに取組んでいるのが大きな特徴と言えます。

自社ホームページでは「RIAとまちづくり」といったページを設けており、再開発事業を一つの強みとして各種情報発信を行っています。実績関連のページでも「建築作品実績」だけでなく「再開発まちづくり実績」も大きく取り上げています。そのため、純粋な建築設計事務所というよりは開発やコンサル的な要素のある設計事務所と言えます。

近年の実績では、Marine&Walk YOKOHAMAといった商業施設や、商業と住居の複合施設であるbono相模大野(相模大野駅西側街区再開発)、やわらぎ金沢(金沢駅武蔵北再開発第三工区)といった再開発プロジェクトがあります。また、クラインダイサムアーキテクツと取組んだDAIKANYAMA T-SITEや、隈研吾建築都市設計事務所と取組んだTOYAMAキラリ(富山西町南再開発)などの話題作にも関わっています。

再開発と絡めた複合的なプロジェクトを通じて都市に関わりたい、と考えている設計者の方に向いている中堅組織設計事務所と言えるでしょう。

松田平田設計のニュー新橋ビル

中堅の中でも売上が高く、水族館に実績のある大建設計

大建設計は大阪が発祥の組織設計事務所です。本記事では中堅組織設計事務所と分類していますが、その中でも売上高が大きく、近年では50~60億円程度で推移しています。人によっては大手の一角と位置づける場合があるでしょう。

2015 年 12 月現在での職員数が 306 名 という規模感で、現在の本社は東京事務所になります。その他、大阪本店・名古屋・九州・ 札幌・広島・東北他、全国に拠点を持つ中堅組織設計事務所です。海外進出の面では国際事業部があるものの、現地拠点は持っていないようです。

建築作品では、派手さはありませんが富士フイルムなど大手企業の生産施設の実績が多い中堅組織設計事務所の一つです。その一方、特徴的な意匠の但馬ドーム(環境デザイン研究所と共同企業体)や全天候型運動施設の木の花ドーム函館アリーナといったスポーツ施設の実績もあります。

また、須磨海浜水族園をはじめ、水族館の設計実績が豊富にあるのも特徴です。近作ではエプソンアクアパーク品川仙台うみの杜水族館、新潟市水族館のリニューアル等があります。大建設計自身も水族館の設計を特徴の一つとして挙げているので、こういった施設に関わりたい方は是非調べてみましょう。

大手以上に各社の特徴が明確な中堅組織設計事務所

名門組織設計事務所として印象的な作品が多い松田平田設計
再開発に強くコンサルタント的な側面もあるRIA(アール・アイ・エー)
大手に匹敵する売上がありつつ、水族館という特徴的な強みを持つ大建設計

同じ中堅組織設計事務所でもかなり特徴が異なると言う事がわかるかと思います。

【安井】中堅組織設計事務所ってどうなの?特徴や違いを教えます!その2【東畑】につづきます。

中堅組織設計事務所を志望する方は、大手以上に各社をきちんと分析し、強みや特徴を理解した上で就職活動に臨みましょう。

フリーランチでは組織設計事務所への就職・転職に関するアドバイスを行っております。是非ご活用下さい。

仕事の悩みを働き方のプロに相談しませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。