建築士のための労働法入門

カフェで建築の仕事をするイメージ

会社経営のために知っておきたい給料支払いの5原則

給料の支払いのためには最低限守らなければいけないルールがあります。初めて会社経営に取り組み、スタッフを雇う時には必ず給料の支払い方について考えなくてはいけません。リスクを避け、設計事務所として成長するためにも重要な「賃金支払いの5原則」をご紹介します。

三六協定でスタッフに気持ちよく働いてもらうイメージ

設計事務所がメリットを得られる三六協定の作成方法

一日に社員が働く労働時間は8時間までと労働基準法で定められています。設計事務所はスタッフに残業してもらうためにも「三六協定」を結ぶ必要がありますが、今回は「三六協定」においてどのような内容の協定を結べば経営側もスタッフもメリットが得られるのかを解説します。

設計事務所の経営のための労働基準法まとめ

これ1本ですべてわかる、これから設計事務所を経営するために知っておきたい労働時間・残業代の問題・解決方法まとめ

これまでフリーランチ流仕事術では、残業労働について基本的に知っていただきたい情報をお伝えしてきました。今回はこれから設計事務所を経営していこうという方に向けて、スタッフを雇うにあたり、合法的に残業をしてもらいながら健全な経営を進めていくために必要な情報をまとめました。

constructiongirl

建築設計業界の労働トラブルを無料相談できる最初の窓口、労働局活用ガイド|建築士のための労働法入門

建築設計事務所に勤めていると、出産・育児のタイミングで働き続けるかどうか悩む事も多いのではないでしょうか。そんな時に相談先としてとても役に立つのが各都道府県に設置されている労働局です。他にもセクハラやパワハラなど様々な場面で利用できる労働局の上手な使い方をご紹介します。

給料が少ない建築業界イメージ

実は会社は副業を禁止できない!給料が少ない建築業界で稼ぐ手段を増やして乗り切るコツ|建築士のための労働基準法入門

建築系の会社に勤めている中で、景気の動向によって収入が下がってしまうことも考えられます。急な収入の低下には、空いている時間に始めることができる副業が効果的です。効果的な副業の探し方や、会社に気づかれない方法など紹介します。